ボイストレーニングに通っています

バナー

ボイストレーニングに通っています

我が家の娘は、ボイストレーニングに通っています。
我が家からボイストレーニングの先生のお宅までは、電車とバスを乗り継いで行くのですが、時間にしたら片道1時間30分はかかるようです。

今よりも銀座の音楽教室ついてはこちらのサイトでご確認ください。

我が家の娘は、小学校低学年の頃からピアノを習い始め、高校1年生の2学期までピアノを続けていました。

高校に入ると、クラブ活動と勉強が忙しくなり、ピアノを続けることができずに、ピアノ教室に通うのをあきらめました。

それまでは、週に一回のペースで平日の夜にピアノ教室に通っていたのです。

高校2年生になった娘は、どうしても音楽のことを忘れることができずに、ボイストレーニングに月2回のペースで、日曜日に行くことにしたのです。



評判が高いボイストレーニング情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。


私の妻の知り合いからボイストレーニングの先生を紹介していただきました。娘がボイストレーニングに行きだしてすぐに、娘は柔軟体操をさせられたのだそうです。
発声をするためには体の柔軟性が大切なのだそうで、ボイストレーニングの先生は、娘の柔軟性を確認したのです。

我が家の娘は、私に似て体が硬いため、先生から毎日風呂上がりに柔軟体操をして体を柔らかくするように言われました。


それからの娘は、毎日風呂上がりに柔軟体操をするようになりました。あれだけ体が硬かった娘ですが、やはり若いからなのでしょうか、見る見るうちに体の柔軟性が上がっていったのです。

納得のボイトレならこちらが人気です。
柔軟体操を始めて数ヶ月後、ボイストレーニングの先生からも褒められたと言っていました。



体が柔らかくなったためか、娘の声量も上がってきたように感じます。

娘は入浴中に、よく大声で歌を歌っているのですが、リビングルームでテレビを見ていても聞こえてくるほど声が大きくなったのです。
ボイストレーニングの先生が言った通り、発声には柔軟性が大切なのだと私は思いました。

体の硬い私でも、今から柔軟体操をして、体を柔らかくすれば、声量が上がるかも知れません。私も通勤の自家用車の中で歌を歌いますから、高い声が出せるようになりたいのです。